侍エンジニア塾さんの無料カウンセリングを受けました

プログラミングスクールをあちこちで見かけるようになりましたが、私には無縁の場所だと思っていました。

ですがフリーランスとして仕事をする中で、時々「自分でコードが書けたらなぁ」と思うことが多々あります。

WordPressならプラグインとコピペでほとんど解決できてしまうので、そこまで困窮してるわけではありませんでしたが、藤本先生のブログを読み、勇気を振り絞って無料カウンセリングを受けてみました。

はっきりいって、とても良かったので、もし無料カウンセリングを受けようかどうしようかお悩みの方がいらした場合

「ぜひ」

受けてみることをオススメします。

40代で子ども2人と夫のいるフリーランスの私が体験した「プログラミングスクールの無料カウンセリング」の記録です。

プログラミングスクールはたくさんある

いまや、第2言語は英語ではなく「プログラム言語」か「中国語」になりつつあるそうです。

日本にはプログラミングスクールがそれはそれはたくさんあります。

その中で、信頼している藤本先生がオススメしてくれているスクールは以下の9社です。

↑↑ 藤本先生のブログにリンクします。

今回私が選んだのは、侍エンジニア塾さんです。

予約はWebで完結

申し込みフォームに入力をすると、希望の時間帯を選ぶ画面が出てきます。

予約を入れて、メールボックスには侍エンジニア塾さんから確認メールが届いていることを確認しました。

予定表にしっかり入れて、子ども達にも無料カウンセリングの時間には大きな声を出さないようにお願いしておきました。

事前にカメラとマイクをチェック

Skypeを立ち上げて、カメラとマイクの設定をチェック。

時間ぴったりにSkypeでつながり、無料カウンセリングがはじまりました。

膨大な資料からピックアップしてくれる

最初に自己紹介をお互いにしたあと、どのような動機と目的で無料カウンセリングを受けたのかを聞かれました。

「仕事でプログラミングの必要性を感じているが、そこまでコストをかけるほどでは無い気がすること」

「可能なら、お客さんにもっと高度なショッピングカートや独自のサービスを提案したいと思っていること」

「母親の私がプログラミングを学ぶことで、子ども達も興味を持って学んでくれるようになったらいいな、と思っていること」

「地方だからこそ、ネットを活用したビジネスが出来ると思っていること」

「プログラマーの仕事はAIにとって代わられるという人がいるけれど本当なのか」

などなど。。。

結構とりとめもなくしゃべってしまったのですが、侍エンジニア塾の方は、適切な資料を見せてくれながら、ゆっくりと説明をしてくれました。

Skypeで共有されるプレゼンはGoogleDriveのもの。その資料のボリュームは膨大で、スクロールが速いこと!

侍エンジニア塾の方がプレゼン資料を熟知していて、次に何を話すかということをしっかり組み立てていることが伝わってきて、安心してお話を聞くことができました。

プログラマーが足りない

最初に教えてもらったことは、現在日本では、プログラマー・SEといったエンジニアの数が圧倒的に不足しているということでした。

日本は少子高齢化で人口は減る一方なのに、プログラマーの需要はこれからどんどん増えていく。

プログラマーの需要と、人材の数にどんどん隔たりが生まれる。

 

以前、藤本先生や美崎先生から

「ベトナムのエンジニアは優秀です」

と聞いていたので、プログラミングは海外の人に任せる時代になるのかなぁ。とぼんやり思っていたのですが、フリーランスとしてはたらくようになってから、その意識は変わりました。

お客さんの目線に立ったとき、海外のエンジニアが作ったすごいプログラムを好む人もいれば、人間的なつながりのある人に頼みたいと思う人もいる、ということに気がついたのです。

カウンセリング中そんなことを考えてしまったのですが、侍エンジニア塾の方は、次々衝撃的な資料を見せてくれました。

都心ではロボットが管理するホテルが出来ていること。

https://www.hennnahotel.com/ginza/

↑↑冗談ではなかったんですねぇ。クリーニングも自動でしてくれるのだとか。

Uberをはじめとしたビジネスにおいて、AIが人間を使って情報を収集し、AI自身を成長させていること。

さまざまな最新情報を噛み砕いてお話してくださり、たいへん勉強になりました。

これだけでも、本当に価値のある時間です。

プログラミングはWordやExcelと同じ

今後、プログラミングが出来る人材と出来ない人材では、収入においてますます二極化していくことが予測されているとのこと。

現在WordやExcelが仕えない人材は事務職に就くことは難しいけれど、今後10年以内には、プログラミングを理解できるか出来ないかで仕事のポジションが大きく変わってくると聞きました。

その差は、現在とは比較にならないほど、はっきりと二極化することが予測されているのだそうです。

「お子さんたちには、どちらの人材になってほしいですか?」

と聞かれたとき、やっぱりよい生活をして人生を目いっぱい生きてほしい、と思ってしまいました。

無料カウンセリングは本当に無料だった(笑

侍エンジニア塾さんの無料カウンセリングは、1時間ぴったりで終わりましたが、その後も担当してくださった方から個別にメールをいただきました。

家族会議の結果そのお金は子どもに回したい、という結論に達して、受講は残念ながら見送ることに。。。

しかし、10年前だったら、無理をしてでも受講していたと思います。

そのくらい、危機感を感じ、同時に明るい未来を予測することもできるお話を聞くことができました。

お客さま、友達に教えてあげたい

侍エンジニア塾さんで学べば、人生の選択肢が確実に増える、と確信しました。

子ども達や、20代の悩み多き年頃の子にも、プログラミング学んでみたら?と言いたい気持ちになります。

侍エンジニア塾さんのよいところは、プログラミングスキルをみっちりと教えてくださるうえに、お仕事のもらいかた、すすめ方、交渉の仕方など、フリーランスとしてはたらくために必要なスキルを惜しみなく教えてくれること。

また、先生とは、ちょっとした疑問を気軽に聞ける関係にもなれるので、受講中はなんでも質問するとよいと思います。

他のプログラミングスクールは、純粋にプログラミングだけを教えてくださるところがほとんどなのだとか。

お仕事の進め方もカリキュラムに入っていることは、侍エンジニア塾さんのシステムはまさに実践的だと感じます。

今後、子どもがたちプログラミングのことで悩んでいたら

「スクールに通ってごらんよ!」

と堂々とオススメできるようになったことは、とてもうれしいことです。

Amazonギフト券がもらえました

無料カウンセリングを受けたところ、Amazonギフト券が貰えました。

1,000円分のAmazonギフト券、子どもに見つからないうちに、欲しかった本を買わせていただこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です